« archive01 | Main | archive03 »

archive02

生後2ヶ月半ぐらいでウチに来た月は、もりもりご飯を食べ、
たくさん寝て、毎日見てても分かるほどぐんぐん大きくなっていった。
多いときで、一週間に1kgペース。獣医さんもビックリで、
私達もてっきり「こりゃデカボーになるかも!」と思っていた。
(ボーダーコリーのメスの平均体重は17~18kg。)
でも結局、今は13kgのチビボー月 ・・・不思議だねぇ?

040729up
来たときは、横たわるとこの座布団の一辺の長さと同じだった
が、一ヶ月もすると、座布団が狭く感じるように・・・。

IMG_0151
べったりくっついているのが大好きな甘えん坊。
でも、歯が生え変わる時期になり、やたらに噛んでじゃれる。
噛むおもちゃなどを与えても、ヒトを噛む方が感触がいいらしく、
つまようじの先のような歯で力いっぱい噛むから、傷は軽症でも
本気で痛い。
噛まないように教えるのにはとても苦労して、良いと薦められた
ことはひと通りやってみたが、結局どこにも書いてなかった
『すごく痛いのだと分かってもらうこと(痛さに打ちのめされた姿
をはっきりと見せる)』が、一番効果があった。

この頃は両腕傷だらけで、毎日治るよりも多くの新しい傷が。
着ていたTシャツは噛み付いてぶらさがられ、全て穴が開いた。
築1年足らずの家の階段まで、噛まれてボロくなったり(T_T)

起きていればパワー全開で、こちらも一生懸命。
気を抜くことができなかった。
寝ているときがほんのひととき、静かな時間だったかな。

IMG_0162
遊びに疲れて寝る。
IMG_0178
冷蔵庫に甘えて、寝る。
IMG_0180
床をなめたまま、寝る。
IMG_0196
そんな顔で見られたら、ふにゃけてしまうじゃないか~


IMG_0218
月のベロ、口腔のサイズに比べてちょっと大きいみたい。
いっつもいっつも、出ていた。
先っちょが乾いてばりばりになって、切れてしまうんじゃないかと
気を揉んだが。本犬は全く気にせず。
月に舐められると、猫みたいにベロがざらざらで、
やすりで擦られているようだった。


生後4ヶ月を過ぎて、3度目のワクチンが効力を発揮した頃、
初めて遠出をした。
それまで近所で少しずつ車に慣らせていたが、
このときは1時間走って30~40分休憩 というペースで様子を見
ながら、那須までの1泊旅行。
IMG_0226
暑かったけど、車酔いもしないでゴキゲンだった。
夜は車の中でみんなで眠った。トイレもシートで上手に出来たね。
040814up
IMG_0232
行く先々で逢った沢山の方が、月を可愛がって下さった。
初めての体験がいっぱいで、月にとっては刺激的な旅となった。
この体験が以降の“車好き”“お出掛け好き”を決定付けたかも。

猛暑だった2004年の夏。
散歩ではヘタリながらも、エアコンという便利な機械の力で
元気に過ごし、順調に大きくなって秋を迎えた。
涼しくなると、歩ける距離・時間ともに大幅に伸びていき、
木場公園や浅草など、いろんな所に行くように・・・。

IMG_0317
木場公園で。
売店脇のテーブル席で、ちょっとしたカフェ気分を初体験。
IMG_0335
ソファで寝る姿も、大人っぽくなってきた。

IMG_0359
人がいないときには、ロングリードで走らせてみたりも。
でも、月としてはたとえ長くてもリードがあるのが煩わしかったり。

IMG_0368
身体は大きくなったが、体力はまだついておらず・・・(^^;)
休憩は多めに。


私達と一緒に歩くのが楽しくて、どこまででも喜んで歩いたが、
疲れるとベタッと足を投げ出してしまうことがよくあった。
体調を気にしつつ、お水を飲ませて、休んで、
毎日歩くうちに、休む回数は自然と減っていき、そのうちに
底知れない体力を身につけてしまったのだった・・・。


そして、また続く。

|

« archive01 | Main | archive03 »

月/ボーダーコリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83076/6136149

Listed below are links to weblogs that reference archive02:

« archive01 | Main | archive03 »