« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »

December 4, 2005 - December 10, 2005

カレーでも作るか

ひと月に最低1度はカレーが食べたくならない?
今日は、我が家のカレーをご紹介。
知っているヒトは知っている『フォージのカレー』のアレンジ。
スパイスから作るんだけど、慣れると市販のルーよりも
作るのが楽で日持ちがする。

今回は、日本人に一番ポピュラーあろう具材でやってみたよ。

その名も・・・
「イスラム教では絶対に作らない豚入りカレー(^^;)」

(たぶん7~8皿分ぐらいの材料)
 ・豚 肩ロース切り落とし ・・・400g
 ・トマト缶 ・・・400g(一缶分)
 ・じゃかいも ・・・小7個
 ・にんじん ・・・大1本
 ・玉ねぎ ・・・大2個(ルーのベースになるので多めに)
 ・水 ・・・約800cc(鍋の大きさによる。具材がかぶるぐらい)

 ・ニンニク ・・・2~3かけ
 ・ショウガ ・・・親指大の1個
 ・中濃ソース ・・・大さじ1
 ・サラダ油 ・・・適量
 ・塩 ・・・小さじ2ぐらい(お好みで)
 ・牛乳 ・・・50cc(かくし味)
   *牛乳の代わりにヨーグルトを大さじ3ほど入れても美味
 ・ごま油 ・・・大さじ1~2(これもかくし味。コクが出るので)

 ・スパイス類
  ガラムマサラ、ディル、カレーパウダー ・・・各 大さじ3
  黒あらびきコショウ ・・・大さじ2
  コリアンダー、チリパウダー ・・・各 大さじ1
  クミン、ターメリック ・・・各 大さじ1/2
  辛い唐辛子(粉) ・・・小さじ1/2
*スパイスは近くに売っていなければ、いわゆる『カレー粉』でも
 OK。その場合、だいたい大さじ4ぐらい入れてみて味を見て
 加減してね。
IMG_0090
我が家のはだいたい築地の高梨さんで買っています。
店主のおじさんが職人ぽくて好き。


1.肉は大きければ一口大に切る。玉ねぎは2cm幅ぐらいに。
  にんじん、じゃがいもも適当に切る。
  ニンニクは荒みじん切り。ショウガはすりおろす。
IMG_0088こんな感じ。

2.玉ねぎをサラダ油で炒める。
IMG_0087
中火でね。
IMG_0089
こうなるまで炒めたら、ニンニクとショウガを加えて炒め、
香りが立ってきたらスパイスと塩小さじ1を加える。
IMG_0091
IMG_0092
この段階は焦げやすいので注意!
火を弱めてよく混ぜながら炒め、スパイスの香りを出そう。

3.いい匂いがしてきたら、肉を加える。
IMG_0093
ひと混ぜしてトマト缶を加え、水も入れる。
IMG_0095
水が少なすぎると、後から入れる野菜に火が通りにくいよ。
IMG_0097
表面が軽くぽこぽこいうぐらいの火加減で、
ときどき鍋底から混ぜつつ、5~6分火を通す。
以後、火加減は出来上がりまでずっとこんな感じ。

4.にんじんを加える。
IMG_0103
様子を見て足りなければ、お湯を足す。
にんじんを沈めるようにして7~8分煮る。

5.じゃがいもを加える。
IMG_0104
野菜が柔らかくなり、カレーの表面に油分がつやとなって出て
くるまで、ときどき混ぜながら30~40分煮る。
IMG_0105
火の通りにむらが出るので、じゃがいももなるべく沈めて。

6.牛乳(またはヨーグルト)、ごま油を加えて更に10分煮る。
残りの塩小さじ1はここで入れるが、味を見て加減する。


IMG_0107
出来たー!



実はこの具材の組合わせで作ったのは記憶にない程久し振り。
いつもはチキン(手羽元)やひき肉に、ナス・豆類・ピーマン・
きのこ類などの組み合わせが多い。あと豚バラ厚めに切ったり。
じゃがいもは入れないなー。
夏はオクラ、冬はほうれん草もいけるね。
ヨーグルトはかくし味としてでなく、トマトの代わりに300gぐらい
入れても美味しいの。特にチキンにはよく合う。

最後にお鍋にちょびっとだけ残ったら、お湯と白飯を入れて
リゾット風に煮て、粉チーズをかけて食べても美味しいよ~。
『青春の食卓』みたいだけど。(古っ)


試しあれ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »