« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »

February 13, 2005 - February 19, 2005

リハビリ

ストレスって、怖いものですね。
ヒト社会では耳慣れた言葉だし、ヒト以外の生物の世界でも
ストレスを与えられると生命活動に影響することは知ってた。
でも、こんなにもはっきりと感じたのは初めてでした。
今回の月のことでは、いろいろと勉強になりました。

月は、日ごとに心の回復を感じられるようになりました。

  ほんとに、よかった・・・

今日は隅田川テラスをしばらくのんびりと歩いてから公園へ。
公園では沢山のワン達が戯れていて、月はその中へ
入ると皆とご挨拶をし、気の合いそうなコには駆けっこに
誘ったりして、嬉しそうにぴょんぴょん走りました。

いろんなタイプのワンコがいて、とても良い
心のリハビリを受けることができた気がしたひとときだった。
家族の愛情は基本だけど、やはりワンコ同士で触れ合う
ことでしか満たされない刺激があるんだな。

私にとっても良いリハビリになったかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だだ

お腹の具合はだいぶ回復しました。
でもちょっと便秘気味かも・・・。
本調子になるにはもう少し時間がかかるでしょうね。

さて、
あの“悲鳴を上げる”発作は、今朝を最後に出ていません。
しかし、身体の他の部位でも些細なことで大袈裟に痛がったり、
急にしゅんとしたり、ものすごく駄々をこねたり・・・という感じ。
普段、遊んで欲しくてもヒトが都合が悪いことが分かると少しして
諦めるのに(聞こえよがしに大きな溜息をついたりはするけど)
今日はず~っとピーピー言い続けて、駄々こねまくり(T_T)
いけないときは、はっきりとノーを示すようにしていますが、
体調が悪かったり、精神的に不安定だと思うと、
厳しく接していいものかどうか悩んでしまいます。


ボーダーコリーは、感情(精神面)の成長がゆっくりだと言う
けれど、ほんとに実感~。
何も分からぬ仔犬のときと違って知恵がついてきた分、
余計に難しィ。

まぁ、 ・・・それもまた可愛いんですけどね(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後遺症?

IMG_0519u

月のお腹は順調に回復しているようです。
まだウンチが完全ではないので、食事は少なめ&柔らかく
してますが、一旦落ちた食欲がもりもり復活してきたので、
少しずつ治ってきているのでしょう。

ところが・・・

痛い注射が余程の恐怖だったようで、身体の具合よりも
精神的なダメージの方が何倍も大きく残ってしまいました。
昨日は一日中元気がなく、散歩も要求しないし、
悲しい顔をしてずっと私にくっつき、しょぼんとしていた月。
身体の具合は徐々に回復してきており、いつもならこのぐらい
回復してくると、もっと活発なはずなんですが、
眠っていても突然「きゃひんひーん!」という叫び声をあげて
飛び起き、テーブルの下などに隠れて怯えてしまうという、
PTSD?と心配するような行動をとるように・・・。

昨日の夜、軽い気分転換に散歩に誘うと、歩いているうちに
表情が明るくなってきましたが、帰るとまた思い出したように
繰り返し、明け方まで何度も悲鳴を上げて起きてしまい、
私まで悲しくなってしまいました(T_T)
なにしろ、避妊手術を受けた際にでさえ、当日の夜から元気
いっぱい!翌日からはハラハラするぐらい活発で、傷が開か
ないかと抜糸まで大変だった月。こんなに静かなのは、
我が家へ来て初めてでした。

今日は、yellow-finがお休みだったので、月を連れて車で
近所へ買い物がてらドライブをしたり、家の中でも積極的に
ボール遊びなどに誘ったりした結果、ちょっとは元気を取り戻
した様子。
お腹の方も、身体を動かしたので良くなってきたみたいです。

良い変化があってちょっと安心したけど、
月はまず頭で考えて、自分の中で整理して納得できないとだめ
なタイプなので、今後はメンタルなことも今まで以上に考慮して
育てていかなければと思いを新たにした次第です。
成長と共に、精神構造が複雑になってきた気がするなぁ・・・。
(理屈っぽいのはpanda似か?)

ボーダーコリーと生活している方、お宅ではどうでしょか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通院

今朝も月はピーピーの下痢で、午前中に病院へ。
熱はなく、脱水症状もなく、重篤ではなかったのですが、
検査の結果、腸内が圧倒的な悪玉菌優勢状態で
消化能力が著しく低下していました。
グサッと注射をして、飲み薬を貰い、絶食のお達しを
受けてしまいました。

これまで、たいがいの診察・治療にはびくびくしながら
なんとか耐えてきた月ですが、今日の注射はあまりの
痛さに号泣(T_T)

でも、もっともっともーっと辛いのは、絶 食(T_T)

朝から食べる気満々だったのに、もらえなくて、
疑問を感じつつも具合も良くなかったので、仕方なく
静かに過ごしましたが、夜になったら
「どーしてごはんくれないの!もー!!!
  うもーっ!!ごはんちょーだい!ちょうだいよぉぉぉ(T_T)」
と、イライラが爆発。

お腹がすくのは元気がある証拠かもしれませんが
食事を与えないでいるこちらも辛いのだ。
ワインまで飲んじゃってごめんよぅ。(アレ?)
IMG_0425


| | Comments (0) | TrackBack (0)

消化不良・・・(´∧`)

土曜日の夜。
月に長時間の留守番をさせたお詫び&ちゃんと落ち着いて
いられたご褒美にと、ブタ骨のおやつをあげたんですよ。
ソフトボーンの"しゃくし骨(肩の骨)"というやつ。
初めての骨系おやつに、月は興味津々!
転がしたり噛んでみたりすると乾いた音がするのが怖くて
こりゃなんじゃ??と恐る恐るいじってましたが・・・
そうこうしているうちに、
夢中になって、15分ぐらいで食べ切ってしまいました。
早すぎ!

あー・・・

こんなに大きいの一気食いして大丈夫か?

と、
不安がよぎりましたが、後の祭り。

翌日=今日、朝から白っぽい固~いウンチが何回も出て、
このまま無事に出てくれれば大丈夫かなぁと思っていたところ
夜になったらジャーと音を立てて下痢をしてしまった。

予感的中・・・

夕食後、いつもより機嫌が悪いなぁとは思っていたけど、
コレだったのね。
もちろんおやつ自体に罪は無く、食べ過ぎたのがいけないんです。
何でもほどほどが一番。ヒトもイヌも同じにね。
途中で取り上げるかなんかして、少しずつ与えるべきでした。

月ちゃん明日は病院に行こね。
おなか痛いかな?ごめんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »