« May 20, 2007 - May 26, 2007 | Main | July 1, 2007 - July 7, 2007 »

May 27, 2007 - June 2, 2007

おちこみのすけ

雨で散歩には出られないかと思っていたら、大丈夫そう!
・・・というわけで、月・ミイトモを連れて母と清澄公園へ。

相変わらず緑がキレイやなぁ。
広場んとこにクローバーがいっぱい咲いて、いいにおい。
涼しい木陰で月にお水をあげて休んでから、公園内を
ふたまわり。
雨が降ってくる前にそろそろ帰ろうと、母と話しながら
トモちんの足元にかけたタオルを直していると、

「ろくにしつけもしてない、バカ犬が!!!こん畜生!!」

という怒鳴り声が(゚∀゚;)
通り過ぎたおじさんはしばらく先へ行ってもまだ、
私たちを睨み付けてる・・・。
月が、通りがかった自転車に飛びつこうとしたのだった。
リードを持っていた母が引き寄せたから触れもしなかったけど、
行こうとしたこと自体、いけないこと。

小さい頃に追いかけようとした時期はあったが、
成長したら自然に止めて、自転車やバイクにあまり強い執着を
しなかった月が、最近は、飛びつこうとしたり駆け寄ったり。
直そうと毎回注意していたところだった。

ミイトモと一緒に散歩に出ると特に、嬉しくて興奮しすぎて、
羽目をはずして家族に怒られてばかりのこの頃だったけど・・・


『バカ犬』


この言葉には正直、落ち込んでしまった。
月がバカ犬って呼ばれちゃったよ・・・



『バカ犬』


しょぼ~ん。

頭の中でこの言葉が、ぐるぐるとまわってる。




家が近くなって空を見ると、雨はまだ大丈夫そうだったので、
気持ちを整理したくてミイトモとpandaだけでもう少し散歩を
続行することに。
家を通り越し、ぼちぼち歩きながら「どこへ行こうか」
そうだ、回向院なら、落ち着けるかも。
静かそうな道路を選びながら、両国へと歩いているうちに
気持ちも落ち着いてきて、回向院の大きな銀杏の木を
思い出していた。

くぅちゃんちのバニラ、ちぇりんちの初代ぴーこ、かんた
ファミリーに合掌。
銀杏の木は空へ届きそうに大きくて、緑色の葉がさわさわと
揺れながら、お日様の光を存分に吸い込んでいるようだった。
すいぶんと長生きしている木だけれど、
幹からは、新しく2本の気根が伸びてきていた。まだまだ元気。


私ももっと、がんばらなくちゃ、なぁ。



帰りに、ミィがぐずって泣き出し、抱っこしながら片手でベビー
カーを押していたら、後ろから知らない女性が駆け寄ってきて
「双子ちゃん?大変ねぇ、頑張っているわねぇ!」と
声を掛けてくれた。
可愛いねとミィを撫でてくれた後、別れ際にまた、
「本当に大変でしょうけど、がんばってねぇ!!」と言ってくれた。

ミイトモと一緒にいるといろいろな人に声を掛けてもらえるけど、
今日のこのタイミングはとっても、うれしかった。

がんばるよぅ!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« May 20, 2007 - May 26, 2007 | Main | July 1, 2007 - July 7, 2007 »