« April 12, 2009 - April 18, 2009 | Main | May 31, 2009 - June 6, 2009 »

May 10, 2009 - May 16, 2009

ローストビーフ

初回はクックパッドレシピで作って、その後アレンジして自分の味に。
ローストビーフというより牛肉のたたき風 って感じかも。
高価なお肉じゃなくてOK というか、
むしろ脂身の少ない肉のほうが適していると思う。

手間はそれなりに掛かるけど、前もって作っておけるから。
おもてなしにも。家族でガッツリも。オススメ~

てことで、レシピ載せます。

<材料> 作りやすい分量(≒5人分ぐらい)

・牛肉 1kg
・赤ワイン 200cc調理用のより、飲料用。味は重めがいい
・レモン 1こ
・にんにく 大きめ2カケ
・玉ねぎ 1こ
・にんじん 1/2本
・セロリ 葉と細い茎の部分を1本分
・生ハーブ類(タイム、ローズマリーなど) 売ってる一袋分
・ケッパー 大さじ2ほど(省略可)
・メイプルシロップ(なければ蜂蜜か砂糖) 大さじ2
・しょうゆ 100cc
・バルサミコ酢(なければ赤ワインビネガー) 大さじ12
・塩 適宜
・コショウ 適宜
・たこ糸

<つくりかた>
1.牛肉は冷蔵庫から出しておき常温に。

2. オーブンは200℃で余熱開始。

3. にんにくは、ひとつをすりおろし。もうひとつは薄切りにしておく。

4. たまねぎは繊維を断つように薄く半月切り。にんじんは3mmほどの半月切り。セロリは葉をちぎり、茎は斜め薄切りにしておく。

5.牛肉に塩をすりこみ、コショウ・おろしにんにくをすり込み、たこ糸で縛る。かんかんに熱くしたフライパンで、肉の表面を焼き付ける。全部の面を忘れずに。

7.天板にオーブンシートを敷き、真ん中に肉、まわりに 4.の野菜+薄切りにんにく、ハーブ を囲むように置いて、オーブンへ200℃で30~35分ぐらい焼く。
Dscn0654

8.6.の肉を焼いたフライパンのひどいおこげを取り除いてから(洗わずに)、赤ワインを注ぎ入れ、フライパンにこびりついている肉汁やあぶらを溶かし込むように煮詰めてゆく。
ワインが2/3量ぐらいになったら、しょうゆ、バルサミコ酢、メイプルシロップなどで味を好みに調えておく。レモンを薄切りにしておく。
Dscn0655

9.肉の焼け具合をチェック。竹串を最も厚みのある部分に刺して一呼吸置き、抜いて、肉の中心部分に刺さっていたあたりを唇にあててみる。「あったかい」と感じられればOK。
人肌よりぬるかったり冷たかったりしたら、中はまだ生。お好みにもよるけど、中があまりレアではない程度に焼くとよい・・・と思う。
*再度焼くときは、220度ぐらいに余熱しなおし、その間肉はオーブンに入れたままにして、余熱完了後5~10分ぐらいを目安に加熱する。
(再度の余熱中に肉を入れたままにするのは、いったん肉を出して冷ましてしまうと、再び焼いたときパサついたり硬くなったりするので。)


10.同様に焼き具合をチェック。ほどよく焼けたらオーブンから出し、荒熱をとる。

11.8.のタレがもう熱くないのを確認して、荒熱が取れて手で触れるぐらいになった肉、レモンの薄切り、ケッパー、焼くときに敷いていた野菜と焼いたときに出た汁 を全部一緒にジッパーつきの袋に入れて、混ざるようにかるくもむ。
Dscn0656 Dscn0657
*袋に入れると見えにくいので、漬け込みダレの感じがわかるよう撮影してあります 

12.冷蔵庫に入れて3時間以上おく。丸一日以上おくと味がなじんで美味しい。

13.たこ糸をはずして薄く切り、盛り付ける。

14.漬け込んだ たれ は、そのままかけてもいい。
手間を惜しまぬならば、目の細かい金笊でこしてとろみが出るまで煮詰めると、美味しいソースに。
*肉に脂身が全く無いような場合は、ここで少量のバターを入れると風味が出る



Dscn0659


・・・ところで写真の画像がおかしいのは、加工している最中にファイルが壊れて使えなくなり、PC画面をデジカメで取り直したからです。
他サイト、TV画面の流用ではありませぬ・・・念のため。




お肉の焼き加減は脂身の量やオーブンによってかわるので、途中で様子を見ながら焼いてね。

ごはんやクラッカーにのせても。
パンにはさんでも。
酢飯やレモン汁を混ぜたごはんを肉で巻いても。
生野菜やマッシュポテトなどを巻いても。
いろいろ美味しい~

私のイチオシは、
マスカルポーネチーズと、塩もみきゅうりと、レーズンを一緒に肉で巻く食べ方でーす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 12, 2009 - April 18, 2009 | Main | May 31, 2009 - June 6, 2009 »