« ふたごっちⅡ ~きっちゅさんち編~ | Main | 残ったもの »

太郎に笑みを

偶然にもリンク記事が続きますが・・・

ある保護犬のことで書きます。



1月30日に、10歳のラブラドールレトリーバーが公園で保護されました。
保護したのは、いつも月がお世話になっているサロンです。
お店のほうに確認したところ掲載をお許し戴けたので、リンクをはらせて戴きます。
見て下さる方が、増えることを望みます。

** ペットサロンWISH **
 TEL: 03-5683-8037
 HP: http://www.taimu.co.jp/wish.html
→『SHOPブログ』と『WISHHOUSE保護犬日記』の双方に記事が掲載されています。ラブラドール(黒)の太郎という子の話です。

保護されてから日にちが経ってはいますが、今も太郎の安定した環境を確保すべく動いていらっしゃいます。
お心当たりの方はWISHさんまで。




どんなことにも、そうなった要因・・・背景がありますから、他人がひとことで決め付けることはできないということは、私もわかっています。
だから・・・どこかにご迷惑がかかったら申し訳ないけれど、
それでもあえて、書かせていただきます。
やっぱり我慢できないから、何度も書き直して悩んだ末の、ひとことだけ。

人との暮らしに馴染んだ犬にとって、ある日突然、その人たちが自分ともう一緒に暮らしてくれなくなるというのが、どのようなものか。

いろんな生き物とずっと暮らしてきて、今も月と一緒にいる私には、伝わってくる感情を無視することができません。


太郎が心からやすらげる日の一秒でも早くくることを、
願ってやみません。

|

« ふたごっちⅡ ~きっちゅさんち編~ | Main | 残ったもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

★WISH店長さん★
コメントありがとうございます。

トラブルを心配して戴いたのに、やっぱり意見も書いちゃいました。すみません。


太郎くん、元気でお店に来ることができてよかった!
皆様のご尽力の賜物ですね。
太郎くんが少しでも早く新しい家族に巡り会い、幸せな余生を送れますように。

Posted by: panda | February 26, 2010 at 15:55

★るん★
たぶんそのシェパードさんは、るんの家の人が大好きだったんだね。哀しい話・・・どこかでまた別の誰かと出会い、気持ちが通じ合って、幸せになってくれたことを願いたいね。

辛い話を書いてくれてありがとう。
こういうこと忘れてしまわないで、心の痛みをずっと持っていることは、大事なことだと私は思います。

Posted by: panda | February 26, 2010 at 15:47

★かこ★
たぶん事情があったんだろうね、でも、切ないね。
かこのお父さんがあまり犬好きではないというのは、驚きです(笑)が、長く一緒にと暮らしていると情って湧くもので、きっと今は「しょうがないなぁ」なんて言いながらも大事に思っておられるのでは?
ほほえましい光景が思い浮かびました。

太郎にもそんな、ほんわかした思い出があるはずなんだ・・・

Posted by: panda | February 26, 2010 at 15:41

月ちゃんのママへ。いろいろとご心配かけました。
そして、ありがとうございます。太郎ちゃん、お店で元気にしています。里親探しの第一歩踏み出しました。

Posted by: WISH店長 | February 25, 2010 at 23:48

新しいエサの袋に名前と年齢を書きおきして、
シートを敷いてあげていたんですね。
飼い主さんになんか事情があったように感じました。


実は私も飼っていたシェパードを
父の転勤(帰国)の為、どうしても飼えなくなり
知り合いに託した経験があります。

ちゃんと面倒を見てくれていたと思いますが、
犬は寂しかったのでしょうね。
その後そこのお宅から脱走してしまい
行方知れずになってしまったと聞きました。

きっと私達のことを探していたと思います。
人間の都合であっちこっちとたらい回しのような
扱いをしてしまい、申し訳ないことをしたと
心が痛み、苦しくなります。


太郎くんの飼い主さんが
連れ戻しに来てくれるのが一番ですが、
それが望めないのであれば
いい家族に巡りあえることを祈っています。

Posted by: るん | February 18, 2010 at 14:55

太郎に安らかな日々が訪れると良いですね。
保護された所が良い所で良かった。それが救いです。
たまにしか会わない実家のビーグルのジョンも、子供達が庭で遊ぶと一緒に走り回ります。太郎の飼い主さんも、思いなおしてくれると良いけど…。いつもいる存在が居ないとさみしいよね。余り犬好きでない私の父ですが、母がなくなってから、ずっとジョンの面倒をみてくれています。改めて考えさせられます。
ダラダラと思うがままのコメントでゴメンね。

Posted by: かこ | February 17, 2010 at 22:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83076/47571876

Listed below are links to weblogs that reference 太郎に笑みを:

« ふたごっちⅡ ~きっちゅさんち編~ | Main | 残ったもの »