« May 22, 2011 - May 28, 2011 | Main | September 11, 2011 - September 17, 2011 »

August 7, 2011 - August 13, 2011

はたねずみ母さんのカボチャのケーキ

またまた久しぶりの更新です・・・もはやこれが定番になってる(^^;)

このblogを見て我が家の様子を気にしてくださっている方々、いつもすみません。
本当は丁寧におひとりずつご連絡したいのですが、気になりながら毎日が過ぎてしまいます(T_T)
お陰様で元気です。・・・が、時間の使い方が下手でm(_ _)m
お手紙のつもりで更新しますね。


えー。
最近、料理がしたくてしょうがないミィトモです。
幼稚園で、絵本『ゆうこのキャベツ畑』に出てきたロールキャベツを先生と作ったのがきっかけでした。
家でもう一度ロールキャベツを作り、次はシュウマイ、その次は餃子。の挽肉シリーズ?!
なんかもっと簡単なものでいいんじゃないかと思いながらも、肉だねを「包む」ことが楽しいミィトモ。まぁやりたいというならやってみよう!てことで。(餃子はけっこうなチャレンジでしたハハハ・・・また後日のエントリで)

きっかけが絵本だったので、絵本の中に出てくる食べ物を作りたいというリクエストも増えてきて。
『ちびくろさんぼ』のホットケーキとか、私もすごく憧れていたなぁ~分かるその気持ち!
てことで、
まずはミィトモが大好きな絵本『カボチャばたけのはたねずみ』に出てくるカボチャのケーキを食べたい作りたい、と言うので、やってみました。


絵本の中のケーキはこんな感じ。
クリームがきれいにかかっていて、飾りも素敵。
110809_4

・・・なんだけど、我が家のはカボチャの皮を型抜きしたやつが乗っているだけです。
(皮のレイアウトはミィトモにお願いしました)
110809_3

110809_2

断面の、カボチャがごろごろ入っているところだけは絵本のとおりに・・・したつもり。

バターが多すぎて大人は「ちょっとなぁ」な出来栄えだったけど、ミィトモは生地を混ぜたり、飾りつけをしたりしたのが嬉しかったらしく、オーブンから出して粗熱もとれていないのに「ふー、ふー」言いながら頬張ってた。
一緒に作っていた時間も味のうち、なんだなぁ。

はたねずみのお母さんは他にも、カボチャのコロッケやスープなど、毎日とびきり美味しい料理を作り、家族みんなでおなかいっぱいそれを食べて、満たされた気持ちで眠りにつくのです。
ひとつのカボチャを家ときめて、毎日種を運び出しては乾かし、窓やドアや煙突やベッドも全部お父さんが手作りして、とっても可愛い"住まい"になった頃、畑のおじいさんが収穫に来て・・・ というお話。

絵本はその世界に入り込めるところがとっても大好きです。
(よく子どもそっちのけで絵本に夢中になっているダメなわたし)
この本は絵もお話もあたたかくて、素敵!


110809_5
『カボチャばたけのはたねずみ』 木村晃彦(きむらてるひこ)・作
(福音館書店「こどものとも年中向き」)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 22, 2011 - May 28, 2011 | Main | September 11, 2011 - September 17, 2011 »