書籍・雑誌

犬のおまわりさんの本

久し振りにじ~~~んとした、本のお話。

mixiでお友達になった沖縄のボギーくんのことが本になりました。
ボギーくんは、全国で初めての『本物の』犬のおまわりさんです。
と言っても、犯人を捜したり捕まえたりする“警察犬”ではなく、子ども達や街の人々に交通安全を呼びかける“警察広報犬”というものです。

以下、ボギーくんに捧げた感想文を一部修正して転載します。

~*。 ~・+ ~*: ~~*。~*。 ~・+ ~*: ~~*。~*。


この本、読んで涙が出ました。
でも、泣けたのはボギーくんの子どもの頃の悲しい境遇に…ではありません。もちろん、孤独で、誰を信じてよいのかわからず幼いなりに必死で生きていた苦労を思うと、とても辛くなりましたが。
ボギーくんの上司のtotoroさん(飼い主といわないところが素敵)やタクシー会社の皆さんの、ボギーくんに対する“うむい”を感じて、涙が出たのです。そしてトラック運転手さんや、黒砂糖のおばあや、警察署の人たち…なんて心の美しい、やわらかい人たちなのでしょう。

犬だからと軽んじたりせず、ちゃんとひとりの命として尊重し、ボギーくんの気持ちになって考えてくれる人間がいたからこそ、彼は幸せになることができ、犬のおまわりさんは誕生したのです。

ボギーくん自身もきっとあの時「この人たちなら」と思って訪ねて来たのでしょう。「おいで!」って言われたときの、ぱっと目を輝かせた小さな白黒の仔犬の表情が目に浮かび、どんなにその言葉が嬉しかっただろうかと、胸がいっぱいになってしまいました。


ボギーくんとtotoroさんの絆。
人間と犬という、種類の異なるいきものでも、このような深い信頼、心のつながりを持てるのだ、ということを、犬と一緒に暮らす身としてとても嬉しく感じました。
『心は、うむいは、伝わる』のですね。

こんな犬のおまわりさんに逢える子ども達は、幸せです。
大人になっても、ボギーくんと彼の周囲にいるピュアな心の大人のように、あたたかいうむいを持ち続けていて欲しいと思います。
そして、私の1歳の子ども達が大きくなったら、ボギーくんの気持ちになってこの本を読んで欲しいと思っています。



~*。 ~・+ ~*: ~~*。~*。 ~・+ ~*: ~~*。~*。


『うむい』というのは、沖縄の言葉で『想い、願い』という意味。
相手を深く思いやる気持ち、自分以外の者をいたわる優しい気持ちのことだそうです。



小学校低学年でも読めるよう、やさしい文章で読み仮名もふってありますが、是非大人にも読んでもらいたい。

あったかい"うむい"を胸の中に感じる一冊。
ボギーくんになったつもりで読むと、それが一層あったかさを増します。

「ボクは日本初の“警察広報犬” 犬のおまわりさんボギー」

西松宏:作  ハート出版

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お買い物

犬の雑誌を見ると、その殆どに手作りゴハンやおやつの
レシピが載っている今日この頃。
我が家は主にドライフードをあげているが、月はちょっと
過敏なところがあるのと、暑さにものすごく弱いので、
のぼせ防止と免疫力UPに、2週間ぐらい前から生の馬肉を
混ぜてあげるようにしている。

これが、すごく合っているらしくて調子いいんだ。

食べ物って大事だと再認識したので、勉強しようと思い、
犬の栄養について書かれた本を探しに、日本橋・東京駅方面
へ月を連れて歩いて行った。


東京証券取引所の玄関前で、休憩。
休日じゃなきゃ、こんなことできないね。
IMG_0938
IMG_0939


日本橋の丸善に行ったら、建物を壊して新しく建てるらしく、
工事中。
東京駅丸の内口に本店を開店したらしいが、
丸善WEST館というのがすぐ先にあったので、行ってみる。
ドライブマップの見やすいのを見つけて、GW対策に購入。

月はその間、近くのカフェでyellow-finと待機。
その間、サッカー解説者の井原正巳さんが来店し、
ゴールデンレトリーバーを連れていたので、yellow-finは
「犬話をほんの少し話したー♪」と言っていた。
井原さん、とても背が高くて素敵だったらしい。うほー


犬の本は、探していたものが見つからなかったので、
もちょっと歩いて八重洲ブックセンターにも行った。
月とyellow-finは、またも待機。
“愛犬の食事百科”と、“もっともくわしい犬の病気百科”の2冊を買う。
待機組を待たせている関係で、なるべく早く切り上げたが、
他のジャンルの本も面白そうなのがいっぱいあって
見たくてたまらない~!  ・・・けど、また改めて。

帰りに、ファストフードでちょこっと買って
COREDO日本橋のANNEXんとこで食べる。
IMG_0940
「月には氷しかくれないんだもん。つまんなーい。」
「だからって、公衆の面前でリラックスしすぎです。」


この頃は日差しが強くなってきて、すでに月にとっては
暑さ対策が必要になってきた。
途中で冷たい水を買ったり、ヒトが買った飲み物の氷を
あげたりして、多めに休憩をする。
IMG_0944
あちー

きれいなハナミズキを見つけた。この辺では街路樹に
よく使われているんだが、pandaの大好きな花だ。
IMG_0945

家に着く前に清澄公園に寄って、また涼む。
IMG_0946
木陰の芝生の上が一番気持ちィのねえ。

夕方になって気温も下がり、ゆっくり涼んで月は再び
元気百倍。小枝を拾って齧るのが好きなので、いくつも
拾っては噛み砕き、振り回し、ごきげんだ。

でもそれは少し大きいんじゃないか?
IMG_0948
いーの!!

休みながら、ゆっくり約4時間の散歩は、
暑ささえなんとかなれば、月にとって大したことは無い。
むしろ、
一緒にいろんなとこへ連れて行ってもらって満足そうだ。

ヒトにとっては大掛かりな散歩なんだけどね(^^;)


| | Comments (0) | TrackBack (0)