日記・コラム・つぶやき

おひさしぶり!

しばらくぶりの更新です。

暑い暑い、一番キライな季節がいつ終わるのかと思っていたら。

そのうち暦だけが秋になり、
暑くて汗かき&日焼けしまくった 運動会
また韓流スターの追っかけのようにバスを見送った 芋掘り遠足
準備も当日も仕事は多かったけどすごく楽しかった バザー
今回もじーんときた クリスマス
という幼稚園での大行事が続いてうかうかしているうちに、年が明けてしまいました。
(余裕ができたらこのblogでも部分的に振り返りますが、期待はしないでね)


年少のときも、夏休み終わってからは特に目まぐるしい毎日だった…

まわりの人に恵まれているので、年中になってますます幼稚園生活たのし~!と喜んでいたけど、気づいたら年少のときよりも忙しいかも。
…て、もっと早く気づけ自分。


今年も、いつもどおりの正月を我が家で迎えました。
いつもどおりに迎えられたことに、ありがたさと、心苦しさを感じました。

家族が揃い、うるさいぐらいの賑やかな家の中。
毎日がこうして過ぎていることを大切にしなければと思います。



さて。
我が家の最近ですが、ミィトモは相変わらずのご陽気さん。喧嘩は手より口がたつようになりまして、小生意気なことも言うようになってきました。
月はそろそろシニア。本当に早いものです。変形性股関節炎だけでなく、前足の関節にも痛みが見られるようになってはきましたが、状態によって注射や投薬でケアしながら、元気に過ごしています。寒くなったら散歩も勢いがよくなり、まだまだダイジョブ!

月とミィトモの関係も、夏の旅行をきっかけにより繋がりが深くなった感じがclover
月の病院へミィトモがついてくることも増え「つーちゃんお注射がんばって~」とか「つーちゃん痛いのなおってよかったね」とか、いろいろ言葉に出して思いやる姿がみられます。
月も、ミィトモに寄りかかってべたっとくっついたり、顔をなめるようなしぐさが前より多くなりました。何年もかかって、だんだん認めてきている様子です。

夫は新しい仕事場にも慣れてきた感じかな。でも、勤務時間は以前より過酷なので、健康面が少々心配。私には食事で応援することぐらいしかできませんが。

私は季節ごとに身体の各所に衰えを痛感しています。昨日は乱視&老眼のために人生初のメガネを注文しました。老眼は自覚していたけど乱視は意外。
メガネが似合う顔ではないので嫌だけど、検眼してレンズ越しにものを見たらぐんと見やすいことにびっくり。そして軽くショックです。…前は本当に、すごーくよく見えていたんだなぁ。



今年はどれだけ更新できるか分かりませんが、なんだか最近になってblogを見てくださる方が増えた?ようなので、呆れられない程度にはしたいと思います(^_^;)

メガネができあがったらね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれから、今

前回の更新からずいぶん時間が経ってしまいました。

去年のクリスマスから、春を過ぎて、今。

用事が立て込んで忙しかったり、
寂しいかなしい思いをしたり、
約束がふいになってしまったり、
わすれんぼうのあわてんぼうで失敗したり、
永い繋がりが深まって嬉しかったり、
身に余るほどの、愛おしさに包まれたり。

そんな毎日だったんですが、書きたいと思ったこともあったけど書けませんでした。

それは、まとまった時間が無くて書けなかったというのもあるんだけど、やはり、あの震災は私の中でも大きくて、身近な人には「怖かった(ね)」と言えたけど、ここで怖かったと書くのは、ほんとうに命のかかる恐ろしい思いをした人や辛い思いをした人に、そしてまだ現在も辛い気持ちを抱えているに違いない人達の大勢いることに申し訳なくて、書けなかった・・・んです。
私がそうすることが大した意味を持つものでないことは分かってるけど。


幸運なことに、我が家は元気で毎日を過ごしています。
日常は変わりなく賑やかに重ねられています。


今日、NHKでDreamsComeTrueのライブ番組を放送していて、途中から観たんだけど号泣でした。
もともとDCTはファンクラブに入っていたぐらい好きなので、弱っている時に美和ちゃんのあの歌声を聴くとかなりな確率で泣いてるんだけど(特に独りの時は)、今夜は歌声よりも、MCで泣いてしまいました。

細かい言葉の表現は再現できないけれど、
「この仕事(番組出演)をさせてもらうにあたって思ったことは、音楽の力で元気になって欲しいとかそういうことではなくて、というより『音楽の力』というものがもし本当にあるなら、あって欲しいなぁってすごく思うけれど、そもそも音楽の力なんてあるんだろうか?と思って。というのも、(音楽をやっている)この私が、音楽なんて何の役にも立たないほどの絶望を経験したから」
「でも、こういう時、何かしたい、自分はプロのミュージシャンとして何が出来るんだろうと考えて、私達の音楽を何かの時にほんのちょっとでも思い出したり、何かを感じてくれたりする人がいたら・・・と思って」
というようなことを言っていたと思う。

たぶんその絶望とは、4年前、大事な人を失った時の事でしょう。
「死ぬまでずっと歌っていたい」と言っている人が、音楽が救いにならなかった・・・と。

不倫とか略奪愛とか言われた時期もあって、公の場では彼とのことを発言したことが殆どなかっただけに、今夜の発言が私には、重く感じました。



誰かの辛い気持ちを、全く同じく感じることはできない。
自分の生きてきた中で味わった辛い出来事・・・例えば、どうがんばっても避けることも抗うことも逃げることも出来なかった受け入れがたい事実、それらを抱えながらただ無機質に流れていった時間を思い出すことで、その辛い誰かの心に寄り添おうとすることしか。

直接現地に行ってはたらくことも、手伝うことも出来ず、
ささやかな募金や救援物資を送るぐらいしかしておらず、
自分の今後の生活だって、もしかしてどうにかなってしまうのかと不安になっているぐらい、狭い小さい私だけど。


ライブではじけても決して割れない美和ちゃんの声。今夜は叫ぶように、喉の限界まで出し切っていたのが印象的でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

クリスマス会

クリスマスですね。

幼稚園では、クリスマス礼拝の3週間前から、本格的な準備に入っていました。
アドヴェント礼拝を守り、イエス様の誕生について物語のように段階的に子ども達に聞かせて、クリスマスは『神様が大切なひとり子の赤ちゃんを授けてくださった日』だと伝えてゆくのです。
アドヴェントが進むにつれ、園内の飾り付けや雰囲気全体も変わっていきました。
厳かであたたかい光を感じた、初めてのクリスマスでした。


こうした準備が幼稚園で行なわれる中、ある日の降園時のこと。
「クリスマス会で吹いて欲しいんだけど」
と役員さんに言われましたcoldsweats02
父兄も参加して行なわれるクリスマス行事で、賛美歌を子ども達へのプレゼントとして歌うんですが、そこでフルートを吹いて・・・というわけ。
えーっ!
正直、焦りました。
だって20年ぐらい吹いてなかったんだもの。
(まともな音出んのか???)
(ていうか、flu経験者だって言った自分が悪い・・・)


帰宅して、まずは恐る恐る出してみました。
頭部管だけで吹いてみるとなんとか音は出たので、組み立てて音を出してみたら。

ぼひょえー

ぱすー

ぷびょー



うぅ、なんだかやっぱり無理っぽいカンジ。
『音階』にすらなってません。

とりあえず、楽器はメーカーに持っていってメンテをお願いすることにしました。
実はそこには、高校時代にコーチとしてご指導戴いた方が勤務されており、その方にお目に掛かりたいというのもあって。
当日、ちょうどご在席でした。
お陰で、楽器を預け、ついでに私のリハビリに必要な練習を教わって、教則本も選んでもらって、心強い準備を整えることができました。

キリスト教の幼稚園なので、クリスマス会はとても大事な行事。
“やばい。ずっと吹いてもいないのに、えらいこと引き受けちゃった”と不安になっていた私は、その方に久しぶりにお逢いして懐かしい話などもろもろ出来ただけでも、ぐんとココロが軽くなりやる気が湧いたのでした(単純!)

賛美歌は、フルート2人・クラリネット1人とピアノ伴奏がつくことに。
たった23人の母達の中に、実は楽器経験者が何人もいたんです。
しかも、うまい具合に木管楽器が集まりアンサンブルに。すごー


私以外のお方が上手なので、とにかく足を引っ張らないように(^^;)
がんばってリハビリに励み・・・
なんとかぎりぎり、一応の音は作れた気がする。
そして当日の出来は・・・
みんなの息がピッタリ!楽器も歌もきれいなハーモニーとなって、どの練習時よりもいい響きだったと思います。自画自賛?

後日、先生から「演奏が始まった途端、子ども達がぱぁっと顔を輝かせて、うっとりと聴いていました」と聞いて、それがとっても嬉しかったな。


練習時間が取れなくて焦ったり、緊張したりしたけれど、終わってみて一番に感じたのは「やっぱ気持ちいいなー」って(^^;)
音楽は聴くのもいいけれど、やるのはもっといいもんですよ。ええ。

・・・で、
長い眠りから目覚めたフルートは、趣味としてぼちぼち続けることにいたしました。
発表の場はこれといってないけれど、練習を続けていこうと思います。



クリスマス会にはもうひとつ用意があって。
子ども達へ『手作りのマスコット』というお題のもとに作ったのがこれ。
101209_002
101209_003
つきちゃんストラップでつ。

これ、当日まで子どもに内密にしなくちゃいけなくて。
ばれないように作るのがものすごく大変でした。
だってもう色でわかっちゃうんだ、月だって。


幼稚園のはこうして、冬休み前に終わったけど、
家でのクリスマスはこれから。
何度もクリスマスをお祝いするなんて(手間は増えるが)楽しい♪




皆様もどうか、素敵なクリスマスをお迎えくださいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

献品できたっ

今月開かれる、お母さん達の親睦を目的とした会で、
ミニバザーのようなものをするということで、
手作りの小物やたべもの、飲料、調味料などを分担して献品するのです。

私はパン1斤(ホームベーカリーがあるので機械任せ)と、レッスンバッグを割り振られまして。
バッグは提出が明日・・・というかもう今日なので。
夜なべして作りました。

こんなの
100609_02370001_2

できあがったらなんか、地味?・・・裏地(バッグの中とポケットの中)は赤白ドットなんだけど。

むむーー gawk

・・・で、余り布でチャームも作った。
 
100609blog_03

ずっと昔にビーズで作った小さいモチーフがあったので、それを真ん中につけています。



よし、期限に間に合って無事に役目は果たしたぜ・・・てことで、残る心配はひとつ。
当日は売れ残らないで欲しいなぁ~confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

しつこいってば

・・・って、風邪よ、風邪!

GW前にミィトモが引いて、私と母にも感染り、GW明けは10日からやっと登園したのに、だよ。

一週間通園した土曜日の晩から調子を崩し、日曜日に発熱。
翌日からミィトモが交互に発熱のヤマを迎え、特にミズホは4日間ぐらい高熱が下がらずぐったり。私と母にも感染り(というか、母はGW明けも声が出なくなるなど重症で、軽快した日が一日しかなかったが)、
ミィトモふたりともが、やっと揃って熱が下がった!と喜んだのも束の間、その日の晩から今度は私が高熱でダウンし、3日間使い物にならず。
今日は起きられるようになったかも♪、寝込んだ分を取り戻さねば(=実は相当具合が悪かったのに言わずに家事を全部やっていた母とバトンタッチだ)と、声はガラガラだが気合を入れた、今朝・・・

ぎっくり腰になった。

咳がひどすぎたツケです。
でもミズホもひどい咳をしていたので、へんな姿勢でうなりつつ(まっすぐ立てない)、車でクリニックへ行ったり。
夕飯のメニューを考えつつ冷蔵庫を開ければ、中身は貧相で・・・
母も今日はピークに具合が悪く、本当は寝ててもらいたいぐらい(私がそんななので寝ないんだけど)なので、仕方なく痛い腰、じゃなくて重い腰を上げ、よろよろ傘を差して買い物に行ったり。
傘以外は何も持ってないのに斜めに傾いて歩くおばちゃん(私)・・・きっとへんな格好だっただろうなぁ。案外帰りの方が、買ったものを持っていたから不自然ではなかった気がする(苦笑)



ほんとにひどい風邪です。
『鼻水鼻づまり、喉の痛み、咳、声が出にくい、発熱、食欲不振、下痢』
これらの症状、すべてしっかり出ましたから。代わる代わる、順繰りに。
4月から今月に掛けて様々な形で風邪を引いている人が周囲にけっこういるのですが、医師によるとおんなじ菌が体質によって出方を変えているだけのようで。
(症状が全部出る人は、あんまりいないかもしれませんが・・・汗)

結局ミィトモは一週間幼稚園を休み、週明けての今日も。明日も無理そう。
とはいえ、風邪は収束に向かっている様子。
熱が出なくなったので元気になって、今日の午後久しぶりに「お菓子たべたい」と言い出し安心しました。
大好物のミックスジュースを作ったり、高級ゼリー(名の売れた果物屋さんとかで出してるやつ)を買って与えたりしても、ほんの味見程度にしか口をつけてくれなくて、ひとまわりほど痩せちゃったので心配で。
食べる意欲が出てくれば、大丈夫だよねっ。


あとはミィトモの下痢が治まって、母が回復し、私の腰が治ることかな。・・・って、収束までにはまだけっこう道のりありそうだけど。
私、ミィトモが生まれてから今回はたぶん一番長く寝込んだんじゃないかと思うので(寝ててもサボってるみたいで肩身の狭いこと狭いこと。特に夫の憮然とした表情が)、今後は今まで以上に気を引き締めなければ。
憮然・・・というのは、怒っているわけでは当然ないんだけど、仕事で疲れて帰っても休まる暇もないのでそんな風になっちゃった、と。

入園してからすごい緊張続きで(ムダに緊張しぃだからね)、自分なりにはがんばってきたつもりだったけど、子ども達のために、元気でいなきゃいけない立場なんだなぁとあらためて。

風邪の薬を途中で辞めるのは遺憾だが、鎮痛剤を飲んで腰痛の沈静化に努めております。
これで風邪が再びぶりかえす(って日本語オカシイね)なんてことになりませんように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

残ったもの

ミィトモとお弁当を持って出掛けるとき、
先日何の気なしに棚から出して使った容器が、父の使っていたお弁当箱でした。

毎日仕事にお弁当を持って出掛けていた父は、この新しい密封容器を使い始めて少しした頃に発病しその後仕事が続けられなくなったため、お弁当箱はまだきれいなまま、しばらく棚の中にしまってありました。

そして、去年ぐらいから、私はお弁当を持って行くときには時々これを使うように。
全員分のおかず(おにぎりの友?)を詰めたり、ミィトモふたり分の海苔巻だったり、凍らせたフルーツだったり。



容器の裏に『フタ トル』と小さな字で書いてあるのを見つけたのは、私が使い始めて数回目の時。
懐かしい、父の字でした。

仕事から帰って、父はお弁当箱を鞄から出して台所の流しに置くんだけど、いつもそのまんま「ぽい」と置いてあるから。母が「(食べてから時間が経っているから)流しに入れる時、蓋を開けてお水をかけておいて」と言っていたんだろうな。
不規則勤務の父が帰宅した時にちょうど母が出掛けていたりしてすぐに洗えないと、汚れやニオイがこびりついて衛生上良くないからと・・・。
私が結婚した後のふたり暮しで、たぶんそんなやりとりがあったと思われます。

でも、年々忘れっぽくなった父は、お弁当箱を新しくした時に目立たない場所に小さく「蓋を取るのを忘れないよう」自分へ向けて注意書きをしたんだ。


私は父の書く字が好きでした。達筆、というのとは違うかもしれないけど、きゅっと力の入った、字を沢山書いてきた人の字って感じで。
父はメモ魔で、何でも書き留める人だった。そして私も(笑)

些細なきっかけで父を思い出しては、やっぱり泣けてきます。
3年経った今でもぜんぜん立ち直れていない自分を感じながら。


また何度でも泣くと思うけど、忘れることも消えることもない、ありがとうとごめんねの気持ちは、これからも大事に抱えていくよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

太郎に笑みを

偶然にもリンク記事が続きますが・・・

ある保護犬のことで書きます。



1月30日に、10歳のラブラドールレトリーバーが公園で保護されました。
保護したのは、いつも月がお世話になっているサロンです。
お店のほうに確認したところ掲載をお許し戴けたので、リンクをはらせて戴きます。
見て下さる方が、増えることを望みます。

** ペットサロンWISH **
 TEL: 03-5683-8037
 HP: http://www.taimu.co.jp/wish.html
→『SHOPブログ』と『WISHHOUSE保護犬日記』の双方に記事が掲載されています。ラブラドール(黒)の太郎という子の話です。

保護されてから日にちが経ってはいますが、今も太郎の安定した環境を確保すべく動いていらっしゃいます。
お心当たりの方はWISHさんまで。




どんなことにも、そうなった要因・・・背景がありますから、他人がひとことで決め付けることはできないということは、私もわかっています。
だから・・・どこかにご迷惑がかかったら申し訳ないけれど、
それでもあえて、書かせていただきます。
やっぱり我慢できないから、何度も書き直して悩んだ末の、ひとことだけ。

人との暮らしに馴染んだ犬にとって、ある日突然、その人たちが自分ともう一緒に暮らしてくれなくなるというのが、どのようなものか。

いろんな生き物とずっと暮らしてきて、今も月と一緒にいる私には、伝わってくる感情を無視することができません。


太郎が心からやすらげる日の一秒でも早くくることを、
願ってやみません。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009春夏秋冬 ~冬~

(~秋~ からの続き)


ハロウィンの時期にTDLデビューをしたミィトモ。
最初に乗ったジャングルクルーズでリアルな動物を見て絶叫&号泣(同乗していた方々ごめんなさい)
さらには飾ってあるオバケやコウモリ、あちこちで出逢う着ぐるみにもびくびくし、ひたすら下を向いてポップコーンを食べ、メリーゴーランドでだけ笑顔になった。

緊張感いっぱいで図らずも『夢の世界』を満喫することなく終わったデビュー戦のイメージを払拭するべく。
TVCMで見て「行きたい」と言ったクリスマスに、リベンジ!
Dscn2024_640x479 Dscn2034_640x479
トゥーンタウンの一角の小さなスペース。
普段行く公園みたいで親しみやすいのね~

大人の言葉には耳を貸さず、とっても長い時間ここで遊び続けていたので、他の場所も見せたい私はどうしようか悩んでいたところ・・・
牝ウシのキャラクター(名前が分からん)が登場した途端、ギャーッという悲鳴とともに私達に飛びついてきた!ので、移動できた。
ウシさん、ありがとう。本来そういう役割じゃないと思うけど。
Dscn2104_640x435
帰る頃には、ライトアップしはじめてすっごく綺麗だった!


Wish_091123_240x320
月サンタ
何かを切に訴えているように見えるが、このときのそれは『プレゼント』でも『ごちそう』でもない。
気持ちは分かるけど、笑える~
帽子をかぶって写真に収まるなんて、月もだいぶ成長したもんじゃあないか・・・?




ばたばた~
どかどか~
ぎゃーぎゃー
と、毎日とってもうるさい我が家。

イライラしたり、カラダが痛かったりするのはしょっちゅうだけど、
そういう状態にも慣れた3年目でした。


そして2010年。
ミィトモは幼稚園というあたらしい世界がはじまります。
思いも寄らぬ試練、あたらしいお友達、初体験のさまざま。
きっと多くの驚きや発見があるでしょう。

月は、股関節の炎症とうまく付き合っていかねば。
走りたい時に走れて、思うように動かせる身体の大切さ。常に「そのときのベスト」な治療を考えていきたいと思います。

月とミィトモ、お互いの距離が縮まったり離れたりを繰り返しながら、だんだん関係が深まっていくのが嬉しいこのごろ。
大人とは違い、先入観や知識で付き合い方を判断するのではないから。
特にミィトモには、月と接して本能で感じ取ったものを忘れないでほしい。


文末で恐縮ですが、
blogをご覧戴いているみなさまに、あらためて深い感謝を。

みんなが元気で、それぞれのフィールドでたのしめる一年になりますように。


今年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009春夏秋冬 ~秋~

(~夏~ からの続き)


Dscn1651_640x480 Dscn1655_640x480
暑い盛りには、3姉妹とのお出かけもしばしお休み(月がバテるから)
ちょこっと涼しくなって、車でひろーい公園に出掛けたら、月が喜んでリードを引きまくり。
・・・やっぱりミィトモの前で周囲を厳重に監視しながら歩くんだな。

Dscn1848_640x480
芋よりも、芋虫に夢中な『芋掘り』
ミィ、収穫するサツマイモの上に座ってる~


そして、一年で一番楽しみにしていた行事。
“七五三”
Dscn1999_640x480_2
良いお天気で、体調もばっちりで、終始ご機嫌で。
大人たちは普段ありつけないフグに舌鼓。めでたし、めでたし。
(下町価格で、しかも平常は閉まっている時間帯なのに店を開けてくれた、ふじ家さん。感謝)
Dscn1994_482x640
赤いおべべが、えもいわれず。




(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009春夏秋冬 ~夏~

(~春~ からの続き)


夏は暑いからお出掛け先に困ったけれど、けっこう出掛けていたなぁ。
我ながら意外だわ。

Dscn0993_480x640
浅草三社さん、神田祭、深川神明宮の本大祭、深川八幡宮例大祭・・・ いろんなお祭りを見に(参加しに)行きました。もちろんハッピ持参で。
写真は築地の波除神社の祭り。大きなお獅子も神輿になると怖くないんだって~

Dscn1071_640x480
これは自転車に乗っているのだそうで。
「しっかりつかまって」「はっしゃおーらい!」とか言ってます。
あーだのこーだの言いながら思いも寄らない遊び方を生み出すふたり。双子っていいね。

Dscn1272_640x480
プール大好き。
出たがらないので終わり方が難しい・・・

Dscn1481_479x640 Dscn1501_480x640
念願だった、とあるランへ3姉妹連れて行きました。
かなりの傾斜があり、月には面白い運動に。
ミィトモも楽しんでた。工夫して歩くので良い刺激だったかも。
大人には・・・ミィトモが転がり落ちるのではとハラハラ、超刺激的!

Dscn1611_640x480
潮風公園の大きなタイヤブランコは、ふたりで乗れるから大はしゃぎ。
私も一緒に~(って無理!)



(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧